プロフィールの記述内容

気にしてもらえる内容

出会いたい相手のタイプをしっかりと認識し、そのタイプに人に気にしてもらい印象に残る事を考えましょう。

この気になる印象に残るが重要でこの項目をできるだけ増やし、最終的に選ばれるようにしましょう。

誠実に

インターネットの出会いの場合は安心感がでるまでに、しばらく時間がかかるものです。

最初に一歩として少しでも安心間を与えられるように、誠実さの表現された自己紹介文にする事が出会いの第1歩です。

個性的に

他人との差別化や印象を与える為にも、個性的で魅力ある自己紹介を考えましょう。

個性がなく万人と同じような内容の自己紹介であればメールは返信されません。

自分の個性をサイド認識・整理して、個性的で魅力のある自己紹介で出会いを楽しみましょう。

ポジティブに

一般的にもそうですが、ネガティブな考えの人とは出会いたくありません。

言い回し一つでほとんどの事象がポジティブにも表現できるものです。

同じ内容を書くにしてもポジティブに聞こえる表現にして、しっかり者を装い出会い系を楽しみましょう。

プロフィールのチェック項目

メリハリとアピール

標準で普通のプロフィールを書いても多数の競合の中に埋もれてしまい、見てもらう事すら出来ません。

メリハリを付け自分のアピールポイントを明確にして目立たせる事により、返信率をアップさせ出会い系を楽しみましょう。

嘘はつかない

最近の掲示板でまじめな出会いを求めていう人は、嘘つき論外的な表現を使っている人を見かけます。

過去に騙されたのか、実際出会ったときにイメージダウンしてしまったものと思います。

プロフィールを好印象にするために見栄を張り嘘を書くとメール自身は返信されて来てメールは楽しいかもしれませんが、イザ出会うという段階ではあとが無いといってもいいでしょう。

私は正直が一番だと思います。

同じ世界観価値観同士が長続きすると思います。

出会って好印象を狙う

難しいですが、たとえば同じ容姿でも出会ったときに思っていたよりもダウンしてしまうと印象はかなり悪くなります。

控えめ実書いておいて『そんことないじゃないの』と、持っていったほうが格段に印象は良くなります。

控えめに書いておいて始まらないといったのも問題なので、このあたりのバランスは難しいですが・・・。

自己紹介文でがんばる

基本のプロフィールがどうがんばってもつきなみの方は、自己紹介文でがんばりましょう。

相手の心に引っかかる自己紹介を書き、沢山の中で輝きを放つ自己紹介を作成してぜひとも理想の人に出会いましょう。