プロフィールの書き方のポイント

ニックネーム

競合他者からの差別化にも利用出来る項目ではありますが、呼びやすい親しみやすいニックネームが基本となります。

大人の出会いにしても下品なニックネームは当然駄目で、ニックネームだけで引かれて終わりになります。

また、どう呼んでいいか分からないような漢字や記号などのニックネームもやめましょう。

気を引くためにわざと突飛なニックネームをつける手もありますが、イザ出会う段階では邪魔者以外のなにものでもないので、メール交換の初期の段階で訂正し、呼びやすく親しみやすニックネームに戻しておきましょう。

写真

自信のある方で差し支えの無い方は、絶対に乗せましょう。

お相手の好みであれば一発です。

また、違った観点で顔が分かれば安心するという効果もありますので、メールの返信率も格段にアップします。

写メは簡単に撮るのではなく、自身のある顔をしっかりと研究して清潔感を重要視してしっかりと取りましょう。

顔のアップのみの写メよりも、できれば上半身含めた形で体型や服装などのアピールにも利用できるものとして、しっかりと手間をかけた一品を乗せることで返信率がアップします。

年齢

多少のごサバを読みは分からないかもしれませんが、多少であればあまり意味もないと思います。

住所

住所の近すぎる出会い以外の場合は正直に申告しましょう。

また、メールなどで伝える場合もそこそこ近場でと考える人は多いので、大体の場所が分かるように都道府県と市区町村もしくは沿線や方角、どの辺りと言った様なかたちで大体の位置が分かるようにしほうがよいでしょう。

年収

相手がどんなデート、お付き合いをしたいかなど、相手の目的で変わってきます。

セレブなデートがしたい人は、当然高額な収入な方に目つけます。

まじめな出会いの恋人や結婚相手を探している方なども、このあたりが年収の項目が重要になってきます。

しかし、無理してそう人と出会うのかどうか、ターゲットをしっかりと認識・整理して考えて記入しましょう。

血液型

特にごまかすひつようはないですが、占い等に凝っている相手にばれるとうそつき呼ばわりされて一巻の終わりでしょう。

特にごまかす必要はありませんので正直に書きましょう。