出会い系ではサクラの被害に遭う人がいます。

一言でサクラといっても出会い系には多種類のサクラがいるので、サクラの種類によっては被害のあい方も違いますし、金額も違ってきます。

サクラとして一番メジャーというか有名というか、被害にあいやすいのはメール交換が目的のサクラです。

出会い系ではサイト側が会員数をごまかしたり、メールの回数を増やすためにサクラとなる人を置いている場合があります。

会うのは目的ではなく、あくまでも会員のフリをし続けるのが目的です。

被害金額としては早めに気づけばそれだけ安く、気づくのが遅ければそれだけ高くなります。

サクラには女性も被害に遭うことがあり「後から払うから」ということでメール代を払っていたけれど、支払ってもらえなかったという被害の遭い方をしているので気づくのは遅くなり、金額的にも高くなるでしょう。

アドレス交換が目的のサクラは、メール攻撃がすごくなるのでアドレスを変える必要があるだけです。

フリーメールを使っていればそれほどの被害を受けるのことはないでしょう。

他の出会い系に誘導するのが目的のサクラもいますが、他の出会い系に登録しなければ被害はありません。

「お金を上げます」という事を言ってくるサクラもいます。

「お金持ちです」なんてサクラもいます。

これは「お金が倍になる話があるんだけど乗らない?」という昔からあるサギと同じ手口です。

この方法では儲けようと思った分はとられる方式になっているので欲=被害額になります。